2012年3月8日木曜日

続:選果場作成

わざわざ2回に分ける程の内容でもないのですが前回の続き



↓2月24日 小屋の資材搬入された。前日の雨で資材運んできた運ちゃんが降ろす場所なくて困り果てたっけ。でも今見ると全然かわいいもんじゃないか。










































↓2月26日 伊賀よりはるばる親方登場!
2人で建てたけど2人ってよりは俺完全に手伝い以下の味噌っカス的存在でした。
久々に会ったツレは金髪のモヒカンw
作業はブロックを土台にして床面作成ちう。
地面も怪しくドロドロ

















基礎なんて打ってないからそのうち沈むでしょうw
どこまで沈むかわからないけどいっぱい沈むでしょう。
ハウス建ててる職人さんが「ここはすごいなパイプがどこまでも(地面に)刺さっていく」ってわらってたしね。


↓床断熱材入れてます。































買った断熱材の幅が違って加工しなきゃ入らない。(店員の勧めるがままに買った自分も悪いけどさぁ そりゃぁないよJFさん)
この日は強風でね、ハメたソバから断熱材が飛ばされるって賽ノ河原の子供たちみたいなやるせなさ。
この上に板張って床にするんだけど、初日の暗くなった頃に床面完成して
2人で「お!床っぽいじゃん」 「歩くと床歩いてる音がする」って
ああ もう会話からしてテンションぶちあがってたわ。




↓2月29日 雪降って床に雪が積もったりしたけど何とか壁四面完成。 基本的な図面はまいどお世話になりまくっているぶさいく農園の園主に作ってもらっていたけどドアも窓も未定だったので、その場その場で「ここにドアつけよう」「あそこに明かり採りつけよう」思いつきに近い状態で作成。(作成って言いきると、さも自分でやりました的だね。正確にはツレが作成してくれました。)
あれ?なんかずいぶんアッサリ壁建ったみたいな感じだよね?
実際は雪でブルーシートをタープ代わりにしたり床がグショグショ、ドロドロで大変だったんだけどなぁ































まわりのハウスのビニルが張れてれば、、、
って何度思った事か
納期守らないってホントアリエナイ。



↓3月1日(5日目の最終日)屋根部分作成ちう































この板がけっこう隙間できてしまい、翌日小屋の中が大雨に 泣いた。
屋根が終わって扉作成してもらって終了。


作業終了にニッカ兄弟の記念撮影(知人のFBの画像から拝借)









































初めてのD.I.Yってウッドデッキが王道ですよね?
前知識ほぼゼロでいきなり小屋って無謀でした。
あれほど買えといわれた2×4の本も買わなかったしw
ほんんっと、ツレにお世話になりました。
ちなみに金髪でモヒカンなのに仏像彫る事を生業としてる人です。
仏像彫ってるから金髪でモヒカンともいいます。
もしかしたら猿と戦っているからモヒカンなのかもしれません。
高校からの長い付き合いです。







-おまけ-

↓まわりのハウスも完成!
























って言いたかったけど、






3/4の時点で屋根張れず、、、(3/5、6は雨なのに・・・)
























↓びっしゃ びっしゃですw 材料さえきちんと納品されていれば・・・