2012年1月30日月曜日

同期誕生

仕事を終えて、ホームセンターで買い物していると電話が鳴った。

電話の相手は茨城営農塾で一緒だったKさん。(悪い事してないのにイニシャルって何か失礼か?)
Kさんは隣の市に住んでいて、いちご農家を目指してる。
営農塾で知り合った人たちがほとんどというか、大半というか、
全員県北部に住んでるので唯一のご近所さん。

そのKさんから
いちごの相談がてら一杯~とのお誘い。


なんでも、いよいよ今年の秋に定植するんだとか
って、自分と一緒じゃんね。
おぉ同期!(お米もやってるから先輩なんだけど)

お互いいいモノ作れるよう刺激になればなと思います。
とか流暢な事言えればいいんだけどさ、
このKさん、自動換気装置を自分で作っちゃたり"お互い"ではなく一方的に刺激与えられてんのよ。
ほんっと、すごい人が近くにいるもんです。

終始いちごな話で有意義な時間を過ごせたかな。
詰めて詰めて、もっともっと濃い~話をしていけるようになりたい。
むしろ、なる。
ならんばなんねぇ。